バラエティ

藤井フミヤスペシャル2 無料!再放送の視聴本当の浦島太郎伝説

藤井フミヤスペシャル2 無料!再放送の視聴本当の浦島太郎伝説
 

2019年6月2日17時からBSフジで『藤井フミヤスペシャル2 本当の浦島太郎伝説』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

藤井フミヤスペシャル2 本当の浦島太郎伝説
 

藤井フミヤスペシャル2 本当の浦島太郎伝説 /番組内容

 

日本の昔話の一つ「浦島太郎」。誰もが知るこの昔話の背景には、一体どんな伝説が隠されているのだろうか?浦島太郎の伝説は、神奈川県横浜市や香川県三豊市、長野県上松町、南は沖縄の石垣島まで日本各地に残されている。  浦島太郎伝説の謎を解く旅に出るのは、歌手の藤井フミヤ。藤井は、日本最古の浦島太郎伝説が残るといわれる京都府の丹後半島へ向かう。丹後半島の伊根町と網野町には、丹後国風土記にもとづいた浦島太郎の伝説が数多く残っている。  まず、藤井が訪れたのは浦島太郎が祭られているという伊根町の浦嶋神社。室町時代から伝わる『浦嶋明神縁起』という絵巻物や『玉手箱』などの浦島伝説ゆかりの宝物を見せてもらう。そして、次に訪れたのは網野町にある網野神社。この神社にも浦島太郎が祭られている。伊根町と網野町に伝わる浦島伝説にはどのような違いがあるのだろうか。  その他にも、網野町にあるしわ榎と呼ばれる不思議な古木も巡る。浦島太郎はこの木の根元で禁断の玉手箱開けて老爺になった姿を見て嘆き、思わず自分の?のしわをちぎっては榎の木に投げつけたと言われている。そして、この土地に隣接するようにある網野銚子山古墳。丹後地方にはこの古墳以外にも巨大な古墳がたくさんある。丹後半島に巨大古墳群がある理由も探りつつ、独自の解釈を含めて謎多き浦島太郎伝説をひもといていく。

 

藤井フミヤスペシャル2 本当の浦島太郎伝説 キャスト

 

<出演者> 藤井フミヤ 渡邉賢一(エクスペリエンス・デザイナー)   ほか

 

藤井フミヤスペシャル2 無料!再放送の視聴本当の浦島太郎伝説ストーリー性

 

おとぎ話と思われる浦島太郎は、実際居たのでしょうか?

神奈川県横浜市に浦島町があります。

浦島太郎から取った地名なので、伝説ではなかったのかと疑問に思いました。

そこから各地で浦島太郎の伝説は広まりどれが正しいのかは不明です。

当時から、脚本家は居たのではと思うくらいなので真実は分かりません。

浦島太郎の話は、歌の通りなのですぐ思い出せます。

イジメに遭っている亀を助けて、ご褒美に竜宮城におもてなしされます。

帰り際に玉手箱を受け取り、浦島太郎は開けてしまい老人になってしまい話は終わります。

これでは恩を仇で返すみたいで納得がいかない気がしました。

この話には続きがあるようにも考えました。

元々、老人なのではないか?

一気に老け込むのはおかしいのです。

竜宮城で過ごした期間が意外と長く、年を取ってしまい現在に戻ると、時間通りだったことも考えました。

竜宮城に居た時、浦島太郎は年を取ってなかったとも考えられます。

どうしてこんな話が出来たのかは、浦島太郎を知る人がつくった気がします。

長い間、帰って来ない浦島太郎を心配していた人が、お互いに老人になっていたのではと思いました。

帳尻合わせのための玉手箱に思えてしまいます。

 

藤井フミヤスペシャル2 無料!再放送の視聴本当の浦島太郎伝説おもしろそうな点

 

浦島太郎は、ほとんどの人がそうだと思いますが、子どもの頃に絵本を何回も読みましたし、母に読み聞かせもしてもらっていました。

大人になってから、その浦島太郎の伝説が日本の各地に残っていると言われていることは、テレビ番組などで取り上げられたりしているのを見て、何となく知っていました。

しかし、どの伝説もどういうないようなのかよく知らないので、浦島太郎ゆかりの地を巡りながらどんな伝説が隠されているのかを探るというこの番組に大変興味を持ちました。

各地を巡って、それぞれに伝わる伝説をまとめて見られるというのは、とても魅力的です。

ぜひ、家族で一緒に見ながら、私たちの自信の独自解釈も交えながら、おしゃべりしながら見たい番組だなと感じました。

特に、私の家族は時代物だったり、土地に残された伝説だったりが好きなので、わいわい言いながら見れたらいいなと思います。

今まで各地に伝わる浦島太郎伝説についてよく知らなかったので、これを機に浦島太郎について改めて知りたいなと思い、楽しみにしております。

浦島太郎伝説の謎を解く旅に出るのは藤井フミヤさんなので、贅沢かもしれませんがどこかでTRUELOVEを歌う姿もみたいなと期待してしまいます。

 

藤井フミヤスペシャル2 無料!再放送の視聴本当の浦島太郎伝説藤井フミヤさんが浦島太郎の伝説に迫る

 

面白そうな所は、浦島太郎の伝説について歴史のある場所を藤井フミヤさんが、旅する所です。

浦島太郎と言えば最近は、CMの浦ちゃんが、人気なのでそちらのイメージが、強そうですね。

浦島太郎伝説は、京都府の丹後にあると言われていてどんな場所なのか興味深いです。

丹後というと京都の観光地からちょっと離れた場所なのでどんなフインキなのかも注目です。

浦島太郎が、もらった玉手箱もあるというのでみてみたいですね。

浦島太郎と言えばいじめられていた亀や乙姫様などの登場キャラクターもモデルとなったものが、あるのか知りたいです。

亀に乗って竜宮城を訪ねるというユニークな物語は、誰が、考えたのかなど興味深いですね。

玉手箱を開けてお爺さんの姿になった浦島太郎が、しわを引きちぎって榎の木の投げたのは、知りませんでした。

想像するとすごい状況ですね。

浦島太郎の物語を知っているようで竜宮城から戻った様子などの細かい物語は、覚えていないなと改めて思います。

浦島太郎のゆかりの地を旅して浦島太郎と乙姫様は、恋愛にならあなかったのかなど考えるのも面白そうですね。

いじめられてた亀は、浦島太郎以外の人も乗せたことが、あるのか考えてしまいます。

 

まとめ

 

浦島太郎は数ある日本昔話の中でも有名な物の一つに入るストーリーです。

子供の頃はカメを助けてあげれば竜宮城へ連れて行ってもらうえるものだと思っていました。

いや、大人になってからでもその話を心のどこかで信じていました。

浦島太郎はフィクションというわけではなく、伝説の話だそうです。

浦島太郎の伝説の謎を解く為の旅に藤井フミヤさんが出かけるそうです。

確か藤井フミヤさんは読書をするのも好きだったはずです。

浦島太郎の物語は知っていても、もしかすると深いことまでは知らないかも知れません。

驚いたのはどこか一ヶ所というわけではなく、神奈川県や香川県、長野県や沖縄など色々な地域に浦島太郎の伝説が残されているということです。

ここまで色々な地域にあると本当の伝説はどこにあったのか分からなくなってしまいますが、たくさんあるのもそれはそれで面白そうです。

本当に昔々の大昔にカメを助けて竜宮城に行った男が存在したというのならば、とてもロマンチックな話です。

子供には難しそうな番組かも知れませんが、大人が子供の頃親しんだ話を奥深い所まで追求するのにいい番組です。

気になる部分としては、浦島太郎は本当に最後はおじいさんになって鶴になってしまったのかが気になります。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

藤井フミヤスペシャル2 無料!再放送の視聴本当の浦島太郎伝説