海外ドラマ

超能力ファミリー サンダーマン4 動画 6話が無料5月31日再放送見逃し配信

超能力ファミリー サンダーマン4 動画6話が無料5月31日再放送見逃し配信

 

2019年5月31日19時25分からNHK Eテレで『超能力ファミリー サンダーマン シーズン4』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

超能力ファミリー サンダーマン4 動画6話が無料
 

超能力ファミリー サンダーマン4 第6話動画が無料番組内容

 

フィービーとマックスは訓練で忙しく、最近家族で出かけることも少ない。反省したフィービーは、人気のテーマパークにマックス以外の家族を連れて行くことに。一方、マックスにかまってほしいコロッソは、あるウソをついて、マックスの気を引こうとする。

 

超能力ファミリー サンダーマン シーズン4 キャスト

 

キーラ・コサリン…桜庭ななみ,ジャック・グリフォ…増田俊樹,ディエゴ・ベラスケス…富樫美鈴,アディソン・リーケ…遠藤綾,クリス・トールマン…堀内賢雄,ローザ・ブラーシ…佐々木優子ほか

 

超能力ファミリー サンダーマン4 動画6話が無料ストーリー性

 

家族向けのドラマになっているわけですが1つここにテーマを加えることでその家族向けのドラマもただの家族向けのドラマになっているのではなくて面白い感じの家族向けのドラマに変えていくことができるのではないかと思います。

実は全員ヒーローだったと言うような1つポイントを加えるだけでただの家族向けのドラマと言うだけではなく面白く見ていけるような家族向けのドラマに変えていけることができるのではないかと思います。日本でも昔からヒーロー系のドラマなどが多く作られてきました。

しかし最初に作られたのはアメリカのスーパーマンだと思いますのでそこからの系統で見ていくと楽しんでいけるのではないかと思います。

アメリカのスーパーマンがやはり元祖スーパーヒーロー系だと思います。

あそこから色々と作られてきたわけですからこのドラマも楽しんで見ていけるのではないでしょうか。

楽しんで見ておいたほうがいいと思います。またコメディー的な要素も強いドラマだと思うので単純に笑いたいから見ていたいと言うような気持ちで見ていくのもいいと思います。

単純に家族ドラマを見て笑いたいと言うような気持ちで気持ちを楽にして見ていけるようなドラマじゃないかと思います。

リラックスして見ていけるドラマじゃないかと思います。

ホームドラマは今までにも数多くあったと思いますが笑えるようなドラマが多いので気持ちを楽にして見ていくことができるわけです。
 

超能力ファミリー サンダーマン4 動画6話が感想やネタバレ

NHKのこういうシリーズはコメディタッチで面白いながらも、ホロリとくるシーンもあって毎週楽しみにしています。

サンダーマンは超能力ファミリーなので「うそでしょ?!」とつい言葉に出てしまうような非現実なことがたくさん起こります。

そこがまた面白くて1週間の疲れが吹っ飛んでしまいます。金曜の19時過ぎからの放送なので夕飯の支度も終わり一息つける時間でちょうど良い時間なのも有難いです。

みんなキャラクターが個性的で好きですが、私はフィービーが大好きですね!双子の弟マックスとのやりとりも見ていて微笑ましいです。

フィービーは綺麗だけどとってもチャーミングでこういう女の子になりたかったなと憧れの目でも見てしまいます。

フィービーの声を担当している桜庭ななみさんもすごく可愛らしいですよね!

フィービーの声をしていることをきっかけにななみさんの事もファンになりました。

今回の最終シリーズでは周囲の人たちに超能力ファミリーということがバレてしまうようですがこれからどんな困難が待っているのか、どんな展開になるのかワクワクドキドキです。

どんなことがあっても家族の力を合わせてみんなで乗り越えて欲しいですね!放送がとっても楽しみです。

まとめ

 

海外ドラマのいいところはたくさんある。その一つは日本のドラマに比べてまさるクオリティだ。日本のドラマに比べて大きな予算で作られているからだ。

ここでいうクオリティはもちろん映像や演者の演技などを指すが、私が強調したいのはその内容である。日本のドラマのほとんどは低予算が見込めそうな学園ものか職場ものがほとんどであると思う。

対して話題となる海外ドラマはそれぞれに光るアイディアが存在する。

かつて日本にも多くのファンを抱え、UFOブームを巻き起こしたXファイルは超常現象をテーマとしていた。既存のアイディアでも視点を変えたことで視聴者を惹きつけることもある。

大ヒットを記録している「ウォーキングデッド」は内容こそはゾンビの発生した世界で生き残るサバイバルものであるが、人々が注目し惹きつけられるのは登場人物同士の人間関係である。その時期にあったテーマに沿ったドラマを作り上げる速さも魅力の一つだと思う。

ネットフリックスオリジナルコンテンツである「13の理由」は現代のアメリカの高校生たちの間で広がる問題を取り上げ話題となった

。その脚本の作成にはティーン達に絶大な影響力を誇るセレーナゴメスを起用し、より視聴者へリアルな内容を伝えるのに一役買ったと思う。日本のドラマはコメディがとても多いと思う。

それは日本の文化に根付いた物なので一つの文化として誇るべきだと思うが、肝心のテーマが薄れてしまう、あえて綺麗に写すためにコメディが使われていると感じている。先に挙げた「13の理由」にはアメリカの高校に根づくいじめや4人に1人が被害にあったことがあると言われるレイプの問題を生々しく描写している。

海外ドラマのいいところは様々なサービスが展開されているサブスクリプションサービスのオリジナルコンテンツも一つだと思う。

U-NEXTはその潤沢な資金のほとんどを自社のオリジナルコンテンツの制作に当てているそうで内容も誰にでもウケそうなものではなく、珍しいテーマを扱ったものが多く、さらにその多くが評価されている。

このように海外には既存のテレビ制作によるコンテンツ以外にも新しい分野からたくさんのドラマが制作され、観るものを飽きさせないのも一つの魅力だと思う。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

超能力ファミリー サンダーマン4 動画6話が無料