特撮

[仮面ライダージオウ] 35話 動画 無料dailymotion/パンドラ/kiss/b9

仮面ライダージオウ 35話 動画 無料dailymotion/パンドラ/kiss/b9

 

2019年5月12日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料
 

仮面ライダージオウ/35話/5月12日動画番組内容

 

EP35『2008:ハツコイ、ウェイクアップ!』…刑務所に収監されながら自らを冤罪だと怒りを込めて訴える祐子を、オーラがアナザーキバに変えた。力を手に入れた祐子は、自らを有罪とした関係者を襲い始める。ソウゴはジオウに変身し立ち向かうが、突如現れたガルル、ドッガ、バッシャーの攻撃に変身を解除してしまう。同じく変身解除した祐子に「かわいい子」とアゴの下を撫でられるソウゴ。その時ソウゴの脳裏にある記憶が蘇り…。

 

仮面ライダージオウ動画35話

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
アナザーキバ/北島祐子(きたじま・ゆうこ):釈由美子 ガルル/次狼(じろう):松田賢二 仮面ライダーギンガ:杉田智和(声)

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料感想

今、一番好きなのが黒ウォズです!

「我が魔王は〜」、「我が魔王のために〜」などと連呼してますが、ソウゴ(未来の魔王)に対しての忠誠心は本物で、時々「黒ウォズって大丈夫かな?」と思うくらいの変さはありますが、これだけ慕ってもらえれば嬉しいですね。

かなり個性は強く、特に変身する時に出る長たらしいセリフには、ソウゴもゲイツも辟易していますが、私はそこも含めて大好きです!

ゲイツとの関係は未だに心底からは仲直りは出来ていませんが、黒ウォズの事なので何らかの理由があり、レジスタンスを裏切る必要があったのだと考えています。その証拠に全く言い訳をしないところが、黒ウォズの真の強さだと思います。

多分その言い訳をしても何の意味も持たないから、ゲイツを苦しめるようなことをしないために、あえて口を閉ざしているのだと、自分のせいであると甘んじて憎まれているのだと私は思っているので、さらに黒ウォズというキャラクターが好きなんです!

きっといつか黒ウォズがなぜレジスタンスを、あの時に裏切ったかが分かれば、ゲイツもツクヨミも黒ウォズのことを真に許せるのだろうなぁと思います。

早くその時が来るといいのですが。

魔王になるために集めているライドウォッチもあと残り5個!ソウゴと共に黒ウォズの活躍を期待しています!

仮面ライダージオウの動画35話について

今一番気になっているのは、響鬼が誰なのかということです。京介は響鬼のなり損ないということで、多分ジオウで新たに響鬼に変身することはないとは思いますが、ジオウで響鬼になるという展開でも面白いかもしれませんね。

弟子のツトムがアナザー響鬼になっているわけですし、ツトムの師匠である京介がカタをつけるというのは普通なのかもしれません。

ですが、前回ウォッチのことを知らないと京介は言っていたので、どうなんだろう?という予想不能な感じではあります。

アギトの時には、アギトの力を奪ってライダーウォッチを作っていたので、最初からウォッチを持っているとも限らなくなってきました。

ですので、京介が響鬼になってもおかしくはないでしょうね。

しかし、実際のところは、ツイッターにあげられた写真を見る限り、33話には登場しなかったおじさんが花束を持っているので、その方が響鬼なのではないかと思っています。

ジオウが「あんたが響鬼だったのか」と予告で言っていたので、34話を見ないと響鬼が誰かどうかは分からないのが、とてもじれったいです。京介はツトムを守ろうと必死なのは前回の最後でよく分かったので、またツトムを弟子として鍛えてほしいです。

なぜツトムが弟子を辞めたのかはまだ明らかになっていないので、ソウゴが夢を叶えようとしていることに京介も感化されて、ツトムの鬼なるという夢を叶えさせてあげてほしいです。

そしたら自分もただの鬼ではなくなる気がするので、まずはツトムとの仲違いをどうにか修復してくれたらなと思っています。

仮面ライダージオウ 動画第35話 スピンオフについて

突然ミラーワールドに閉じ込められた真司から物語がスタートし、記憶がないままミラーワールドにおける生き残りをかけた戦いを余儀なくされるという衝撃的な幕開けから始まります。

今回は本編ではなかった一時的にチームを組む展開もあり、ガイとタイガ、シザースが組んでるのに対し、真司の方にもライア、インペラー、ベルデと組んでおり、なんだか妙な感じです。

この世界において蓮は断片的な記憶しかなく、またアビスを倒した際には人を手にかけた事で罪の意識に苛まてしまうあたり、かつての蓮と同じであることが伺えますが(それにしてもアビスの扱い・・・笑)、一方で吾郎ちゃんはゾルダに変身し、この辺りは本編の最終回を思わせるのですが、ここで何故か浅倉の事を「先生」と呼び、しかも手料理まで振る舞うという本編の吾郎ちゃんでは考えられない行動をとっています(本編では今回登場してない本来のゾルダ、北岡の為に浅倉を手にかける決意までした程ですので)、しかも浅倉の方は過去の記憶があるということで更に謎が深まっています。

一方では今回のライダーバトルを仕組んだと思われる謎の女・サラは何故か病院にいて、アナザー龍騎と関係があるのか?大いに謎です。

クライマックスでは手塚のまさかの裏切り!?そして2話目ではついに真司と蓮・浅倉・吾郎ちゃんが接触し、本当の意味での幕開けになりそうです。 

仮面ライダージオウ まとめ

動画共有サイトには、無数の違法動画がアップされています。

これらの違法動画を効率的に見る事が出来るように、まとめサイトを作って不特定多数の人々に閲覧し易い状況になっているケースもとても多いです。

このような状態は、どのような悪影響を与えるのでしょうか。日本では、著作権のある映画やドラマやアニメなどの映像作品をアップロードする事は法律で禁止されています。

著作権者が訴えた場合、刑事事件になったり、民事裁判になったりする可能性があります。

警察に逮捕され易いのは、P2Pを使ったブルーレイディスクやDVDからリッピングしたファイルをやり取りしたケースです。

P2Pはダウンロードしただけと思っていても、P2Pの仕組み上、アップロードも同時に行われますので、知らない間に違法動画をアップロードしていた事になりかねません。

このように、違法動画をネット上で取り扱うと法的なリスクが常に内在しています。

視聴する分には法的なリスクは生じませんが、近年では違法動画ダウンロードも禁止になっていますので、ダウンロードして保存しないようにしましょう。

違法動画がネット上に溢れてしまいますと、制作している会社や配給会社に正当な収入が入りにくくなり、新しい作品が生まれにくい状況に陥ってしまい、最終的には消費者が大きな影響を受ける事になります。

 

 
仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)では、配信がないです。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料