ジオウ

[仮面ライダージオウ 動画35話] 無料dailymotion/pandora(5月12日)まとめ

[仮面ライダージオウ 動画35話] 無料dailymotion/pandora(5月12日)まとめ

 

2019年5月12日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料
 

仮面ライダージオウ/35話/5月12日動画番組内容

 

EP35『2008:ハツコイ、ウェイクアップ!』…刑務所に収監されながら自らを冤罪だと怒りを込めて訴える祐子を、オーラがアナザーキバに変えた。力を手に入れた祐子は、自らを有罪とした関係者を襲い始める。ソウゴはジオウに変身し立ち向かうが、突如現れたガルル、ドッガ、バッシャーの攻撃に変身を解除してしまう。同じく変身解除した祐子に「かわいい子」とアゴの下を撫でられるソウゴ。その時ソウゴの脳裏にある記憶が蘇り…。

 

仮面ライダージオウ動画35話

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
アナザーキバ/北島祐子(きたじま・ゆうこ):釈由美子 ガルル/次狼(じろう):松田賢二 仮面ライダーギンガ:杉田智和(声)

 

仮面ライダージオウ動画 35話 が無料感想

仮面ライダージオウ内で登場した、仮面ライダー龍騎の城戸真司です。

まず登場したのは光や空気が密閉されたアパート内で死にかけていた時にソウゴたちに助けられました。

この時にはすでに仮面ライダー龍騎の力を失っていたがかつて鏡の世界で変身したもう一人の城戸真司が変身するアナザーリュウガが再び城戸真司を襲い初めたことによって城戸真司は恐怖におびえるようになりました。

そこでトキワソウゴに鏡の中の自分も同じ自分自身それを受け止めるべきだと彼に言います。

その言葉によって鏡の自分を受け入れることが出来ました。

今回の城戸真司のみどころポイントは劇場版仮面ライダー龍騎で完結することが出来なかった内容を今回の仮面ライダージオウで決着をつける形になったのではないでしょうか。

さらに17年の時を越えて再び仮面ライダー龍騎の出演者が登場し、再びライダーバトルが始まり当人たちはよくわからない状態で彼らは再びライダーバトルに駆り出され鏡の世界から元の世界に戻る為に戦い始めました。

城戸真司は年を重ねて見た目が別人みたいになっていましたが秋山蓮さんを演じた松田悟志さんは全く当時と見た目に変化があまりありませんでした。それが一番嬉しかったです。

仮面ライダージオウの動画35話ネタバレ感想

ライダー響鬼ではなかった京介。

京介変身体でアナザーライダー響鬼になったツトムを止められず、トドロキにこのままでは吉野から鬼祓いが来ると警告を受けます。

クジゴジ堂に京介を案内し、事の経緯を聞き出そうとするソウゴ。

まったく話そうとしない京介をゲイツに任せ、ウォズとツクヨミを連れて、ソウゴはトドロキのもとに向かいます。

京介はヒビキの襲名を目的にヒビキのもとで修行をしてきたが、ヒビキを襲名できなかった、そのうえ勝手にツトムを弟子にしていたことをソウゴはトドロキから聞きます。

鬼というのは生き方、己を鍛え己に打ち克つ。

その言葉を聞いたソウゴはトドロキにウォズを預けます。

クジゴジ堂で食事中にゲイツは京介にツトムの卒業アルバムに書かれた夢を見せます。

それを見た京介は外に出ていき、ゲイツも京介を追いかけます。

ツトム目を覚まさせようとアナザーライダー響鬼と戦う京介。

ゲイツも参戦し、ツクヨミにアナザーライダー響鬼が現れたことを伝えます。

駆けつけたソウゴはライダージオウⅡに変身してサイキョージカンギレードでアナザーライダー響鬼を倒そうとしますが、京介変身体が割って入り、アナザーライダー響鬼を庇います。

一方、トドロキのもとで修行していたウォズは、ソウゴの誕生日をどのように祝うべきか悩んでいることを話します。

トドロキは師匠のザンキは死んでまで自分のそばにいてくれようとした、そばにいるというのはそれだけで素晴らしい事だ、ウォズの存在が祝福そのものだといい、その言葉を聞いたウォズは迷いが晴れ、トドロキに感謝し立ち去ります。

ソウゴは京介からヒビキの話を聞きます。

ヒビキは京介の憧れで何事も諦めない強い人だったと聞き、ツトムも京介に憧れており、ツトムの中では京介がヒビキだったとソウゴは言い、一緒にツトムを助けようと説得します。

ツクヨミからアナザーライダー響鬼が現れたと聞き、工場に向かうソウゴたち。

京介はアナザーライダー響鬼となったツトムに、ツトムを弟子にした時ヒビキに追い付けないことで悩んでいた、渋々弟子にしたがツトムの存在に支えられていた、ツトムが自分を一人前の鬼にしてくれたと話し、絶対にお前を救ってみせると言います。

その瞬間、京介のジャケットのポケットの中が光り、響鬼ライドウォッチが現れます。

そしてヒビキが京介を認めたかのように日の光が輝き、京介は響鬼ライドウォッチを使いライダー響鬼に変身します。

ライダー響鬼はアナザーライダー響鬼と戦い、そこに迷いが晴れたウォズが現れ、ソウゴはゲイツとウォズの変身を待たずにライダージオウトリニティーに変身します。

音擊鼓とトリニティータイムブレークバーストエクスプロージョンでライダー響鬼とライダージオウトリニティーはアナザーライダー響鬼を倒し、アナザーライダー響鬼ライドウォッチを破壊します。

京介からヒ響鬼ライドウォッチを受け取るソウゴ。

ツトムはもう一度京介のもとで修行する事になりました。

そして、ソウゴの誕生日をサプライズで祝うウォズたちなのでした。

仮面ライダージオウ 動画第35話 スピンオフについて

敵としてアナザーライダーが登場することが判明して以降、元々の作品にアナザーアギトがいるアギトはどうなるんだとずっと言われてきたわけですが、普通にアギト版のアナザーアギトが出てきましたね。

細部は変わっていましたけど。

フランスで修行していたという翔一くんが帰国してアギトに変身しましたけど、先輩ライダーが海外から駆けつけるという展開は昭和ライダーっぽいです。

最初の頃はアナザーライダーが誕生すると本来のライダーだった人物はライダーではなくなり、怪人などもいなかったことになるという展開でした。

しかし、前回のブレイド編と今回のアギト編では、アナザーライダーと本来のライダーが同時に登場しています。G3ユニットの存在や、真魚ちゃんがアンノウンについて言及していることからも『仮面ライダーアギト』の物語が無かったことになったわけではないとわかります。

これは一体どういうことなのでしょうか。

オーマの日を迎えてソウゴの魔王としてのランクが上がったことにより、世界に及ぼす影響が変化したのでしょうか。

ゲイツが普通にゲイツリバイブに変身してましたけど、体に負担がかかってどこかしらから血が出るという問題はまだ解決されていませんよね。

仮面ライダージオウ まとめ

平成最初の仮面ライダークウガのライドウォッチを使うという憎い演出と鬼には魔法といい、仮面ライダー響鬼と同時期に放送していたマジレンジャーを思い起こさせる演出があり、面白かったです。

トドロキも成長し、音擊のフレーズが仮面ライダー響鬼の時に、師匠のライダー斬鬼とセッションした時のフレーズ変わっていました。

桐矢京介はヒビキの弟子で鬼になるために修行をしていましたが、今回の話ではライダー響鬼を襲名できなかったようです。

襲名できなかった京介がなぜ弟子を取ったのか、いつからヒビキと名乗っていたのか。

昔の京介と違い、なぜ頑張る事を諦めてしまったのかが気になりますね。

そしてタイムジャッカー側がアナザーライダーを王に擁立させる事をやめ、ライドウォッチそのものを狙うようになったのは何故なのかが気になります。

そして祝うということに悩んでいたウォズが、祝う鬼としてどうソウゴの誕生日を祝うのか楽しみです。

そして細川茂樹さんが演じたヒビキがどのように人質話に絡み、ライダー響鬼がどのように登場するのか楽しみです。

 
仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)では、配信がないです。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料