特撮

仮面ライダージオウ 動画 35話無料(5月12日)見逃した配信再放送テレビ朝日

仮面ライダージオウ 動画 35話無料(5月12日)見逃した配信再放送テレビ朝日

 

2019年5月12日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料
 

仮面ライダージオウ/35話/5月12日動画番組内容

 

EP35『2008:ハツコイ、ウェイクアップ!』…刑務所に収監されながら自らを冤罪だと怒りを込めて訴える祐子を、オーラがアナザーキバに変えた。力を手に入れた祐子は、自らを有罪とした関係者を襲い始める。ソウゴはジオウに変身し立ち向かうが、突如現れたガルル、ドッガ、バッシャーの攻撃に変身を解除してしまう。同じく変身解除した祐子に「かわいい子」とアゴの下を撫でられるソウゴ。その時ソウゴの脳裏にある記憶が蘇り…。

 

仮面ライダージオウ動画35話

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
アナザーキバ/北島祐子(きたじま・ゆうこ):釈由美子 ガルル/次狼(じろう):松田賢二 仮面ライダーギンガ:杉田智和(声)

 

仮面ライダージオウ動画 35話 が無料感想

ゲームセンターで憂さ晴らしをする鼓屋ツトム。

突然現れたウールにツトムはアナザーライダー響鬼にされてしまいます。

順一郎はソウゴの小学校の時の卒業アルバムをソウゴたちに見せます。
ソウゴは小学生の時にヒビキのような鬼になると言っていたツトムの話をします。

ゲイツとツクヨミはライダー響鬼に関係があり、ライドウォッチを手に入れる手掛かりになるかもしれないと考えます。

ツトムのもとに向かおうとするソウゴとゲイツの前にアナザーライダー響鬼が現れ、ソウゴとゲイツに襲い掛かります。

ライダージオウクウガアーマー、ライダーゲイツウィザードアーマーにチェンジして戦うソウゴとゲイツ。

アナザーライダー響鬼を差し向けたのはウールで、ヒビキを誘き寄せための罠でした。

アナザーライダー響鬼に苦戦するライダージオウとライダーゲイツの前にトドロキが現れ、ライダー轟鬼に変身してアナザーライダー響鬼と戦います。

音擊斬・雷電激震でアナザーライダー響鬼を倒そうとするライダー轟鬼でしたが、何者かの邪魔が入り、アナザーライダー響鬼を逃がしてしまいます。

ライダー轟鬼はアナザーライダー響鬼を追いかけます。

ライダー轟鬼がいなくなった後、ヒビキと名乗る男がソウゴたちの前に現れます。

ライドウォッチが手に入ったら譲るということと交換条件に、ソウゴたちはヒビキと名乗る男から太鼓の特訓を受ける事になります。

ソウゴの誕生日をどう祝うかと悩んでいたウォズは、太鼓こそふさわしいとソウゴとゲイツを押し退け特訓に励みます。

鬼について情報をトドロキのもとに聞きに行ったツクヨミ。

ツクヨミはトドロキからアナザーライダー響鬼の正体がツトムで、ツトムはヒビキと名乗っていた男は桐矢京介だと聞かされます。

アナザーライダー響鬼がトドロキの前に現れ、ソウゴたちを呼びにいくツクヨミ。

アナザーライダー響鬼を倒そうとしたライダー轟鬼でしたが、ウールに阻まれてしまいます。

ソウゴとゲイツはライダージオウエグゼイドアーマー、ライダーゲイツリバイブ剛烈に変身してアナザーライダー響鬼と戦います。

そしてライダージオウⅡ、ライダーゲイツリバイブ疾風にチェンジして、トゥワイスタイムブレークと百烈タイムバーストでアナザーライダー響鬼の変身を解除します。

アナザーライダー響鬼の正体がツトムとわかり驚くソウゴ。

ツトムを連れていこうとしたソウゴでしたが、ウールに邪魔をされ再びアナザーライダー響鬼になってしまうツトム。

そこに京介が現れ、京介変身体になりアナザーライダー響鬼と戦うゲイツリバイブ疾風の邪魔をします。

戸惑うソウゴに、トドロキは京介はライダー響鬼ではなく、ライダー響鬼に慣れなかったただの鬼だと話します。

仮面ライダージオウの動画35話ネタバレ感想

仮面ライダージオウ 動画第35話 スピンオフについて

今回もライダー響鬼の世界観を生かしてジオウに落とし込んだ内容になっていて、とても面白かったです。

鬼祓いはまさにトドロキの師匠のザンキに絡んで来るワードで、ザンキの師匠の朱鬼が鬼の掟に背いた時にライダー響鬼本編に登場した言葉です。

あのままだと京介自体も掟に背いたと見なされ、ツトムともども鬼の本部である吉野から派遣された鬼に殺されてしまっていたでしょう。

鬼の生き方に絡め、ウォズを立ち直らせるというのも面白かったですし、2008年に心不全で亡くなられた神戸みゆきさんが演じていた立花日菜佳の名前がトドロキの口から出たことで、ライダー響鬼の世界線では生きているという演出に涙したファンも多かったのではないのでしょうか。

ライドウォッチを使ったから京介はライダー響鬼の姿になれたのであって、鬼の見た目は本来京介変身体からあまり変わらないのですがライドウォッチを使い、強引な手法を自然にやってのけた今回に脱帽でした。

次回はキバ編。

アナザーライダーキバが釈由美子さん。

特撮には縁がある釈さん、しかも女性のアナザーライダーは珍しいので面白くなりそうです。

ライダー響鬼でザンキ役だった松田賢二さんは、ライダーキバのガルル役で出演されるようです。

そして注目のライダーギンガはライダーキバでキバットバット二世の声をやられていた杉田智和さんが担当されるようです。

ウルトラマンギンガの声もされており、杉田さん自身、ツイッターでジオウへのオファーを懇願していたので、ご本人、ファンともに納得のいく結果になり、どのように展開して行くのかが楽しみです。

ライダーギンガはウォズに縁のあるライダーになってきそうですが、どのような経緯で生み出されたのか、シノビ、クイズ、キカイのようにギンガのエピソードも語られる事を楽しみにしています。

仮面ライダージオウ まとめ

仮面ライダージオウで再登場を果たした仮面ライダーブレイドです。

まずジオウ内での登場は、仮面ライダーブレイドの剣崎一真はテレビ本編の最終回では最強のアンデッドであるジョーカーに変身することによって相川始の中のジョーカーを封印するために自らの肉体をジョーカーにし、彼の前から姿を消したが時を越えてアナザーブレイドの力を手に入れてしまった栗原天音を救うために、再び仮面ライダーカリスの前に剣崎一真は現れました。

再び相まみえてしまった彼らは戦ってしまうのです。

そしてその戦いの中、アナザーブレイドによって仮面ライダーの力とジョーカーの力を吸収され、その力によってこの世界を滅ぼそうとしました。

それを仮面ライダージオウトリニティによって倒され、二人のライダーの力はライドウォッチに姿を変えソウゴはそれをそれぞれに返そうとするが、そのライドウォッチの中にブレイドとカリスの力とジョーカーの力が封印されているなら今は君が持っていてくれと託されました。

剣崎一真の魅力は仲間に対する情が熱いんですが、一人で悩み事を抱え込んでしまう癖があり、それによって仲間たちとよく衝突することがありました

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 35話 動画 が無料